琉球空手道|大勇會

古武道

琉球空手の古武道は、沖縄県に
起源を持つ独特な武術で、
空手と古武道の二つの要素を
融合しています。

この武術は、単に格闘技術を
身につけるだけでなく、
心身の鍛錬、自己防衛の技術、
そして琉球の伝統文化を
継承するという多面的な目的を
持っています。

空手は、主に手(ティー)や足を
使った打撃技を中心に展開される
武術で、中国武術からの影響を
受けつつも、沖縄独自の動きや
訓練方法を発展させてきました。

この部分では、首里手、那覇手、泊手
などの流派が存在し、それぞれ独自の
特色を持っています。

これらの流派は、技術や型、鍛錬法に
おいても少し異なる場合
もあります。

古武道は、琉球王朝時代にさかのぼる
武器術で、戦場や日常生活において
使用されたさまざまな武器の
扱い方を教えます。

ここには棒術、ヌンチャク、トンファー、
釵(サイ)など、多種多様な
武器が含まれます。

これらの武器を用いた技術は、
世代を超えて伝承されており、
実践的な自己防衛技術としての
価値を持っています。

琉球空手古武道の魅力は、
その伝統と革新の融合にあります。

過去から受け継がれた技術を
守りながらも、現代の武道としての
進化を追求している点です。

この武術は、身体能力の向上に加え、
精神修養にも重きを置いており、
修行者には内面的成長も促されます。

また、空手と古武道の二つの側面を
持つことで、技術の多様性と
学びの幅が広がります。

さらに、琉球空手古武道を学ぶことは、
琉球の歴史や文化に深く触れることが
できる文化体験でもあります。

棒術

トンファー

琉球空手道|大勇會

ヌンチャク

釵(サイ)